OLYMPUS オリンパス ミラーレス一眼カメラ OM-D E-M1 Mark II ボディ:カメラの大林 - 3735a

2019-06-05
カテゴリトップ > ミラーレス一眼 > オリンパス
OLYMPUS オリンパス ミラーレス一眼カメラ OM-D E-M1 Mark II ボディ

この商品の特徴

一瞬を切り取る高速連写/高速AF

新20M Live MOSセンサーと新画像処理エンジン TruePic VIIIを同時開発することにより、20Mの高画素のままAF/AE追従最高18コマ/秒[1]で動く被写体をフレーミングしながら連写することが可能になりました。一眼レフを超えるAF/AE追従高速連写は、素早く動きまわる被写体でもフレーミングしやすく、細かく高精細に捉えます。

※TOSHIBA SDXU-B032G使用時
[1]: 静音連写LモードのC-AF、シャッター速度1/1000秒、絞り開放、顔優先OFF時において。ISO8000以上で撮影する場合は連写速度が遅くなります。

優れた機動性と揺るぎない信頼性

他の追随を許さない圧倒的な小型軽量ボディー&システムが、異次元の機動力を発揮。35mm判換算で600mm F4.0の超望遠レンズを装着しても、軽快に持ち運び、手持ち撮影が可能です。また、他の追随を許さない圧倒的な小型軽量ボディー&システムが、異次元の機動力を発揮。35mm判換算で600mm F4.0の超望遠レンズを装着しても、軽快に持ち運び、手持ち撮影が可能です。

一眼トップクラスの高画質
新20M Live MOSセンサー&新画像処理エンジン TruePic VIII

新開発の20M Live MOSセンサーは、画素特性の改善による階調表現の向上と、画素光学系の最適化による高感度時の高画質化を達成。またセンサー上に反射防止膜(ARコート)を施すことで、フレアやゴーストの軽減も実現しています。新センサーで高速読み出しが可能になったため、動画撮影時などに発生しやすい動体歪みも少なくなりました。

新画像処理エンジンTruePic VIIIは、画像処理専用のクアッドコアと、カメラの制御や演算処理を行うクアッドコアの2種類を1つのチップに凝縮。センサーの読み出しやAF処理、画像処理などを並列処理する最新のプロセスにより、高速化と低消費電力化を実現しました。

主な仕様
有効画素数

2037万画素

撮影感度(ISO感度)

200〜25600

連写撮影

最高約15コマ/秒

バッテリー

BLH-1

記録メディア

SDカード/SDHCカード/SDXCカード、Eye-Fiカード対応

サイズ(W×H×D)

約 134.1 x 90.9 x 68.9 mm

本体重量

約 498 g(本体のみ)

液晶サイズ

3.0 型2軸可動式液晶
静電容量方式タッチパネル
約104万ドット


価格
196,363円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
1〜2日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く